タイの気になる住宅事情とは!?

私たち外国人がタイに移住する時、まず悩まなければいけないのは

どんな家に住むか…という点です。

安全面を考えると…しっかり検討しないとなりません。

タイ人の一般的イメージは…日本人=金持ちです。

色々な犯罪にあわないためにも守りの固い家を探したいものです。

私の日本人の友人の多くは、警備員が24時間マンションの入り口で

警備してくれる集中インターホンタイプのマンション

ホテルのようなコンドミニアムに住んでいます。

水道代、電気代、ガス代、ネット代なども家賃と一緒に支払い出来て

生活しやすいようです。

他にも、大きな敷地に庭付き一戸建てが何件も建っている「ムーバーン」には

入り口で警備員が24時間ゲートのチェックをしたり、見まわりなども

してくれるようです。

ムーバーンのなかには、敷地内にキレイなガーデンや無料のプールもある所もあり♡

羨ましいかぎりです♡

そして私が住んでいるのはタウンハウスと呼ばれるテラスハウスです。

警備員が常駐して守ってくれるわけではないのですが…。

斜向かいには知り合いの友人や元軍人が、隣には警察官、

トゥクトゥクのおじさん、看護婦のお姉さんなどなど…職業的にも

頼りがいのある隣人に囲まれて暮らしています。

そして家はというと、二重の扉、どの窓にも鉄格子と、幾つもの南京錠で

守られています。 時折、檻の中の人の気分になりますが…

皆さんはどんなタイプの家に住んで見たいですか?

20130618-235301.jpg