ホームスティに即順応するワサビさんと寂しいダーリン

そんなこんなで新しいホームスティ先にすぐに順応したワサビですが…

可愛い愛猫と数ヶ月別れるということは…

私達…飼い主にとってかなりの打撃でした。

ワサビには新しい環境に慣れる訓練をしていたのですが…

私達は、ワサビと離れて暮らす訓練なんてしていませんでしたから…。

って…そんな訓練嫌やわ…。

ですのでワサビを引き渡した日に…

ダーリンはお見送りするワサビを見て号泣です!!

私に「泣かないでよ!!」なんて言っていたくせに…。

私はそんなダーリンを見てもらい泣きでしたが…。

自分たちがここまでワサビに依存していたなんて!!ワサビおそるべし!

しかもここだけの話ですが…

普段運転が上手なダーリンですが…  ワサビとの別れに…かなり動揺していて

ワサビと別れて友人宅を出た瞬間…  駐車場の出口の有刺鉄線とコンクリートに

愛車のサイドをギギギーっとスってしまったのでした!!

あたりが真っ暗であまり見えなかったので本当に仕方のない事でしたが…。

大大大ショックのダーリンが…ワサビに号泣していたその涙の40パーセントは

実は車を傷つけてしまったその悔しさの…悔し涙だったのでした。

こうなった以上…もらい泣きの私も涙をとめて…ダーリンの慰め役に

徹するしかありませんでした。

ダーリンを慰めるのって…本当に大変なんです!嘘っぽかったり、慰めっぽく

聞こえないように励まさないといけないから…。

車も修理に出せば元通りだし、ワサビともすぐに会えるよ!」なんて言っても

悲嘆のダーリンには通用しませんから…。

でも次の日にはケロっとしているダーリンですので…  その性格には圧感です。