ラオスで運転中ネズミ捕りに引っかかった話【NO、2】

交差点へ走る途中、ダーリンが私に念を押しました。

「お願いだからラオスの警察に強く出ないでね!!

社会主義の国だから…  タイとは違うからね!!」

そうだった!!  そういう国だった!ちょっとビビりつつ交差点へ着くと

さっき私達からライセンスを奪い取った警察は完全シカトで

こっちすら見ません。  それで派出所的なものに入ると

おじちゃんの警官が絵を描いて…

君たちは、この交差点のロータリーをこう走ってしまったね!

でも本当はこう走らなきゃいけないんだ!

間違えたから罰金1,500バーツ(約4,500円)払って!」ですって!

えっ!?  この交差点にロータリーなんてないんですけど…

しかも信号機壊れてるし…  ロータリーあります!っていう看板もなかった!

っと日本語で言ってると、お巡りさんが指さしたのがこちら

image

後日、走行中に撮ったのでブレブレですが…。

これを外国人はロータリーとは思わないですよね!?

どう見ても工事中のコーンです。

思わずタイ語で「これはロータリーとは言えないですよね!!」

「タイではこんなロータリーないですよ!!間違えて当然ですよ!!」

と言ってみたものの…

罰金払わないなら免許返さないよ〜的な態度を崩さないので…

同情に訴えるしかないと思い…

お金をいっぱい持ってきてない(事実)ので、払えない!!

ラオスでご飯も食べれなくなる!!と言うと

じゃあ幾らなら払えるのかと言ってきたので、

せめての500バーツ(約1,500円)というと「ダメ!」とのこと…

結局、1,000バーツ(約3千円)を払い国際免許を返してもらいました。

ボラれたかもしれませんが…

悲しかったので、このことはブログに書いて忘れることにします。