ついに購入してしまったタイのもち米炊き装置

ついに購入してしまいました。

今まで、鍋でもち米を炊いていたのですが…あまり上手くいかない事が多く…

ついにタイ人の一般家庭で使われている、もち米炊き装置を手に入れました!!

っというのも、タイ人の友人に正式なもち米の炊き方を教わり…

どうしても欲しくなってしまったのでした。

とは言っても120バーツ(約360円)という安価で購入できるこの装置…

ついに買った!!と言うほどではないのですが…

ずっと欲しかったんです。

でも…装置の使い方が分からないので…ずっと手が出せず…

5年間指をくわえてこの時を待っていたのでした。

image

 

この装置…下の部分に水を入れて…籠の部分にもち米を適量入れて…

強火で炊くという、なんとも簡単な装置なのですが…

ただ火をつければ炊けるという訳でもなく…  ちゃんとコツが要るんです。

まず、もち米は一晩水に浸けておく!!これ…日本でも当たり前ですが…

これをするとしないでは…炊く時間が3倍くらい変わってきます。

一晩水に浸けておけば20分くらいでたけます。

それと、コツ2ですが…5分に一回くらい…蓋を開けて木ベラでもち米をかき混ぜます。

そして籠を鍋から外して、カサカサカサって振るんです。

そうするともち米が丸くまとまるので…もち米に水を適量振りかけて…

また籠を鍋に戻して炊きます。

これを3,4回繰り返すと…もち米がまんべんなく炊けて美味しくいただけます。

炊ける前に蓋を開けてかき混ぜるのは…最初抵抗がありましたが、これがコツです。