バンコクの渋滞で愛車のバッテリーが死んだ…【NO、1】

用事でバンコクに出てたのですが… 最近のバンコクは本当に渋滞がひどいですね…。

信号が10分間赤だったりして…。

結構、人為的に渋滞が引き起こされている気もします。

我が家の車は古いので…渋滞に合うと怖いのがバッテリーが上がってしまう事です。

それで…信号が長く赤な場合はダーリンはエンジンを消して停車してしまうのです。

でもそのエンジンを入れたり切ったりを繰り返していたら…

ついに渋滞中の道でエンストしてしまいました。

エンストは3回目くらいなので… 内心…最悪…と思いつつも落ち着いて車を道端に寄せます。

もちろん車は動かないので…ダーリンがニュートラルにギアを入れたまま、

車を降りて そしてハンドルを動かしつつ…車を押して左に寄せます。

とりあえずこれで周りの車に迷惑はかからなくなりました。

さぁ…これからどうする!?

何回もエンジンをかける動作をしてしまったので…

きっと残り少なくなったバッテリーすら消滅してしまったようです。

そうしていたら…それを見ていたタクシーのお兄さんが…JAF的なものを呼んであげるよ!!

と親切な声をかけてくださいました。

1671」の番号にかけると救助部隊が来てくれるのです。

image

とりあえず親切なお兄さんにタイのJAFを呼んでもらうことにしました。

さて、すぐに来てくれるのか!?

【NO、2】へ続く…。