すごく多彩なタイのブーゲンビリア

毎日忙しく生活していると見過ごしてしまうのですが…

タイのブーゲンビリアはそれはそれは美しくて見ている者の心を爽やかにしてくれるそんな花です。

一年中咲いている花ですが、観察していること…1月の終わりから2月にかけてが満開です。

タイの幹線道路を走っていると中央分離帯の所に何キロも何キロもブーゲンビリアが植えられてて、

長距離のドライブ中ずっと花道を楽しめます。

いつも思うのは…タイのブーゲンビリアって…日本でいう「ツツジ」的な存在だなぁ…って。

ツツジも私が生まれ育った地域では市の花か何かに制定されてて中央分離帯や道端に整然と植えられていました。

懐かしいな~!ツツジもキレイですよね!

花が満開になると緑の葉の部分が見えなくなるくらい白やビンクの花で埋め尽くされてキレイだったなぁ。

地味なポジションの花ですが…本当に美しいです。

3A9E31B4-E9B4-409D-8210-114BD27696F7

タイのブーゲンビリアもそういう扱いです。雑草的な…地味なポジションの花です。

でも、日本人からしたら、ハイビスカスなどの南国の花と同じぐらい貴重な種類のお花です。

私の母なんてタイのブーゲンビリアに終始興奮していましたし!

鉢植えの中のブーゲンビリアしか見たことがないのに、道端に咲き乱れるってどういうこと?という感じらしいです。

その母の影響もあって、私にとってブーゲンビリアは特別なお花です。