迷った時はガパオライスが鉄則

タイのレストランや屋台には「アハーンタームサン」と言って

メニューがなくて、好きなものを言えば、材料があるものに関しては

すべて即席で作ってくれるという、そんなスタイルのレストランが多くあります。

有名なガパオライスも、トムヤムクンもだいたいメジャーな料理は何でも

作ってくれるので、私達外国人も意外とオーダーしやすいスタイルです。

でも、お腹は空いていても、何を食べたいかいまいち思い浮かばない時もありますよね!

そんな時は迷わずガパオライスをチョイスするのが楽です。

楽というかは、ほぼ100%ハズレがないので…

とりあえずガパオライスにしておけば安心って感じです。

6年以上住んでいますが、ガパオライスがマズかったお店にはまだ出会ってません。

ガパオライスはまずく作る方が難しいくらい、タイ人にとっては簡単な料理なんだと思います。

 

目玉焼きをのせて欲しかったら「アオ  カイダーオ」と言うと

目玉焼きをつけてくれます。

お洒落なお店では、こんな感じの三色ご飯のガパオライスを出してくれるところもあります。

29E6EEA0-8A5F-4C08-B1AD-390685ECE143

蒼い色のご飯は、ケミカルな感じがしてしまいますが…

バタフライピーのお花から色素をとって炊いているものなので安心して食べれます。

濃い紫色のご飯もライスベリーと呼ばれるものでビタミンを多く含む

美容にいい自然食品なので、女性は嬉しいですね!!